tomorrow meets...

akkoの日常をつづります。 主に大学のこと、Zwei、T.M.Rネタ多いかな。

--.--.-- (--)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005.06.08 (Wed)

<日本語の語彙力>私大生の19%「中学生並み」
<日本語の語彙力>私大生の19%「中学生並み」

 大学生の語彙(ごい)力が低下していることが、大学、短大の中堅校を対象にした調査で分かった。独立行政法人メディア教育開発センター(千葉市)が実施し、私立大1年生の19%、短大1年生の35%が「中学生レベル」と判定された。補習や授業で「日本語技法」「日本語コミュニケーション演習」などを開講する大学が増えているが、調査はこうした大学側の不安を裏付けた。
 同センターの小野博教授らは02年、中・高校生約20万人に予備調査を実施。この結果に基づいて、日本語力を「中1」から「高3以上」までの6レベルに分けた。
 一方、「読む・書く・話す」といういわゆる「日本語力」は、語彙の豊富さから類推できるため、今回の調査用に75の言葉の意味を選択肢から選ぶマークシート方式の「日本語力判定テスト」を作成。19大学、6短大と国立高等専門学校の計26校の昨春の新入生7052人に、このテストを受けてもらい、予備調査結果と照らし合わせてレベルを判定した。
 その結果、「鶴の一声」「露骨に」などの意味が分からない「中3レベル」以下の学生の割合は、国立大(3校)で6%、私立大(16校)で19%に上った。短大では35%と、3人に1人が中学生レベルだった。国立高専は4%にとどまった。
 大学の授業を理解するには、高校レベルの日本語力が必要とされる。98?00年に実施した同様の調査では、中学生レベルの割合は国立0.3%、私立6.8%、短大18.7%。語彙力の低下ぶりが目立つ。
 小野教授は「ゆとり教育、活字離れに加えて、学科試験を課さないAO入試や推薦入学など大学入試が多様化したため、私立大では多様な学生が混在する状況だ。短大も日本語の補習なしでは授業が成り立たなくなる心配がある」と指摘する。【元村有希子】
  ◇各レベルの代表的な例題◇
(正しい意味を五つの選択肢から選ぶ)
<中1>重視 (1)重たいこと(2)大事だと考えること(3)目が疲れること(4)見えにくいこと(5)じっと見ること
<中2>さじを投げる (1)ひどく怒る(2)乱暴な様子(3)非常識(4)あきらめる(5)好き嫌いをする
<中3>一目置く (1)周囲をみわたすうちに目を留める(2)検分していた目を休める(3)大勢で特定の人物を凝視する(4)相手の目をじっと見て真意を確かめる(5)相手を自分より優れたものと認める
<高1>露骨に (1)ためらいがちに(2)おおげさに(3)あらわに(4)下品に(5)ひそかに
<高2>奔走する (1)逃げ出す(2)競争する(3)忙しく立ち回る(4)無駄な努力をする(5)大変な目にあう
<高3以上>嫡流 (1)激しい流れ(2)正当な流れ(3)清らかな流れ(4)よどんだ流れ(5)亜流
<同>憂える (1)うとましく思う(2)たじろぐ(3)喜ぶ(4)心配する(5)進歩する
<同>懐柔する (1)賄賂(わいろ)をもらう(2)気持ちを落ち着ける(3)優しくいたわる(4)手なずける(5)抱きしめる
=答えは上から順に(2)、(4)、(5)、(3)、(3)、(2)、(4)、(4)
(毎日新聞) - 6月8日3時11分更新 何故、こんなにも日本語能力は低下してしまったのか。

近年、若者の活字離れが問題視されている。

以前、本屋でバイトをしたことがあった。
そこでアルバイトをしていると、
若者はむしろ活字に親しむようになっていると感じた。
乙一、川上 弘美、嶽本 野ばら・・・
他にもキリが無いほど、若者に人気のある作家はたくさんいた。


また、今までは「音&映像」のみのメディアである
テレビがメディアの中心だったが
「活字&映像」中心のインターネットが普及した。

また掲示板の活動も様々なところで活発であり
また、メールをする機械も頻繁になった。
メールは手紙を書く機会を減少させた、という論もあるが
メールや掲示板は、
「活字を自ら発する」
という行為を、以前よりも増加させていると思う。


つまり、最近の若者にとって、
活字というものは、読むものとしても、書くものとしても
増加傾向にあると思うのだ。



しかし、記事のように
数字として、若者の語彙力低下は証明された。
なぜ、活字の氾濫している今の社会で
これほどまでに語彙力は低下したのか。


ここからは私の考えている仮説であるが
今氾濫している活字自体のレベルが下がっているのではないだろうか。
インターネットの世界の活字は、
プロの文章書きが書いている文章ばかりではなく
そのほとんどが一般の人が書いている文章である。

一般人の文章能力にはバラつきがあり
稚拙な文章もあれば、プロのような文章を書く人もいる。
が、一般人に一番多いのは
やはり一般的な文章能力の人であろう。
活字離れが食い止められても
その活字自体のレベルが低下しているのである。

このうように、日本語能力低下は進んでいるのではないだろうか・・・。




□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

このテーマ、卒論なんかで書いたら面白いかも。
スポンサーサイト

COMMENT

なんか高校の時の語彙テストの問題みたいだね。やばーい、ぎりぎりわかったよε=( ̄。 ̄;A フゥ…
もう一回漢字検定受けようかな…

まぁひとつくらい分からない言葉があってもよいとは思うんだけど
言葉を専門的に学んでいる立場からすると
嘆かわしいというか、いったいその根本原因はどこにあるのかとか
気になる訳ですよ。

時間が無いので、取り急ぎで記事だけアップしてみた。
いろいろ考えさせられる記事だよね。


こういう記事を見ると
個人的にパタを思い出す。笑

しれっとやってみたら
3つ程悩んで2つ間違ってたよ… orz
でもこーゆーの言葉遊び好きには結構好きだわー

わかるわかる。

自分の考えや気持ちを表現する基盤になるはずの自国語に疎いってことは、ひとつには表現力の低下って話に繋がったりするのかな。
でもこーゆう結果が出たりすると、じゃあ学校の国語の授業に力を入れようとかそーゆう話になってしまったり。そーじゃないっっ!!ってツっこんでしまうような...もちろんそうゆうアプローチも大事だけどね。
日常生活で使わないようなマニアックな知識がどうこう、って話じゃないのよね。

来週一端東京かえりまーす☆
早稲田にも遊びに行くよ~久しぶりに文カフェランチします(笑)

たしかにパタを思い出すねΣ(゚д゚;) ヌオォ!?
やっぱり本を読まないからなのかな?素人が考えるには。
そこは、将来はっちゃんのお仕事にもつながるんですか??

PLEASE COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

http://akkohys.blog8.fc2.com/tb.php/87-f3ba2b8e

 HOME 

CALENDAR

« 2017-06 »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

BACK NUMBER

CATEGORIES

RECENT TBs

OTHER

akko

akko

→早大3年
→21才
→<a href=http://www.vap.co.jp/zwei/>Zwei</a>&T.M.Rドハマり中
→静岡在住
→<a href=http://pr1.cgiboy.com/S/0685328/>前略プロフ</a>
→<a href=http:/

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。